The Interac Union – Zenkoku Ippan Tokyo General Union Tozen ALTs


June 4, 2012

Collective Bargaining demands over Interac drug testing

Category: Action,Interac – Author: エリック – 12:39 PM

Recently, management began testing ALTs for drugs in Interac offices with cheap saliva kits that anyone can buy online. We demanded collective bargaining over it to protect our members.

2012年4月29日
株式会社インタラック 御中
株式会社マクシード 御中全国一般東京ゼネラルユニオン
執行委員長ルイス・カーレット
全国一般東京ゼネラルユニオン
東ゼンALT支部
執行委員長アムジッド・アラム

緊急団交申し入れ Emergency Request for CB

全国一般東京ゼネラルユニオン(略称:東ゼン)ならびに全国一般東京ゼネラルユニオン東ゼンALT支部は、貴社に対して、緊急団体交渉を申し入れます。貴社は先日、当組合員らを含む従業員らに対して、薬物検査を受けるよう指示したと伺いました。薬物検査は、通常の雇用関係においてはこれを行う必要性が認められず、よほどの事情がない限り、従業員に広く行われるものではないはずです。昨今の個人情報保護の重要性に鑑みても、安易にこのような検査を実施することに対して、大きな疑問を抱きます。
つきましては、下記の議題にて団交を実施したく存じます。
Zenkoku Ippan Tokyo General Union (“Tozen”) and Zenkoku Ippan Tokyo General Union Tozen ALTs request emergency collective bargaining.  We have heard that you instructed your employees, including union members, to undergo drug testing.  The need for drug testing is not accepted for an ordinary employment relationship and drug testing of employees in general is accepted only in extreme circumstances.  We strongly oppose your casual testing of employees also in light of recent requirements to protect individual privacy, including the passage of Individual Information Law,   We therefore ask for cb with the agenda stated below.



1. 団交の日時・場所・議題  CB Date, Time, Venue, Agenda

2012年5月7日(月)午後12:00~1:30
2012年5月10日(木)午後7:00以降
2012年5月11日(金)午後6:00以降
場所:貴社内もしくは当組合の事務所   Venue: Company or union office
議題:下記の要求事項について   Agenda:  Following demands
2.   要求事項 Demands
1 会社は、従業員に対して実施した薬物検査を中止し、今後実施しないことを約束すること。
         Company cease drug testing of employees and commit to refraining from the practice in the future.
2 会社は、薬物検査を実施した従業員に対して文書で謝罪すること。
Company apologize in writing to tested employees.
3 会社は、下記の質問事項に対して文書で回答すること。
Company answer the following questions in writing.
◇質問事項  Questions
①今回、薬物検査を実施するに至った理由および目的は何か、お答えください。
Explain the reason and objective of performing the tests.
②薬物検査をすることは、貴社が自主的に決定されたのか、それとも教育委員会もしくは学校からの要請があったのか、お答えください。
Was the decision to conduct the tests made by the company autonomously or at the behest of school boards or schools?
③薬物検査の対象は、貴社のALTに対してか。それとも貴社の他の職種の従業員も対象にしたのか。今回の検査対象者の数を職種別に明らかにしてください。
Were the tests of ALTs or also other employees of the company?  Please give us the number of employees tested by each job type?
④薬物検査を実施する際に、従業員に対して諾否の自由があることを明確にしたか否か、お答えください。
Did you make clear to employees that they had the right to accept or refuse the tests?
⑤薬物検査の検査機関と検査方法を明らかにしてください。
Explain what clinics conducted the tests and by what method?
⑥薬物検査を拒否した従業員に対して、貴社はどのような対応をとるつもりなのかお答えください。
What is company’s policy for those who refused the test?
4 会社は、本議題について当組合ならびに支部と協議し合意に至った内容について、労働協約を締結すること。
Company conclude a labor-management agreement with the union and local regarding this issue.以上